悩む男性

キストテ自分に適した方法を

発毛は頭皮を改善して新しい髪の毛を増やすものであり、増えた髪の毛は自分自身のものとなっています。
また、育毛は現存している髪の毛を育てることで強くし、増やしていく方法です。こちらも自分の髪の毛に対してのケアとなりますが、植毛は人工の毛髪を取り付けることで人工的に髪を増やす方法となります。

つまり、発毛と育毛は自分自身の髪の毛や毛根を育てる自然の方法であり、植毛は人工的な方法であると分類することができます。
これらの方法は現存している髪の毛や毛根、頭皮の状態によって適応が異なっており、人によって可能なものと不可能なものがあります。
そのため、ある程度髪の毛が残っていれば発毛や育毛で強化できますが、薄毛や抜け毛が進行している場合は植毛で対応するという手段になる場合もあります。

髪を気にする男性

キストテ毛を生やす行為の違い

男性だけではなく女性にとっても悩みの種である薄毛や抜け毛は、年齢や遺伝、ストレスなど様々な原因で発症してくる問題のひとつです。
一時的なもので終わる場合もありますが、放っておくとそのまま頭頂部から頭皮が出現してくることもあり、早めの対策が必要となってくる症状となっています。

抜け毛や薄毛に対して行われる行為にはそれぞれ、植毛・育毛・発毛などがあります。これらは同じように抜け毛や薄毛を改善していくという目的を持っていますが、その手段や方法が異なっているという特徴を持っています。
そのため、それぞれにメリットやデメリットなどがあるほか、利用できる対象が異なっています。

深刻な男性

キストテ効果の秘密

植毛は、薄毛を根本的に改善できる技術として医学的にも効果を認められている方法です。
健康な状態の毛根を薄毛の部分に移植するという内容であり、自分の毛根を使用するので高確率で頭髪が復活します。
拒否反応が起きる危険も少ないので、皮膚科学の専門団体でも医学的根拠に基づいた方法として推奨する事が出来るという見解を発表しています。男性の薄毛の大部分は、男性ホルモン型脱毛症という症状です。

分泌量が低下した男性ホルモンをサポートするために生産された物質が原因の症状で、生え際から頭頂部が薄くなってしまうのが特徴です。
この部分は、原因物質の生産に関与している還元酵素が毛根に生息しているので、他の部分よりも強い影響を受けてしまいます。
この症状に対しては、植毛は非常に有効です。
後頭部の毛根には、還元酵素が存在していないからです。

困った男性

キストテ植毛の可能性

毛根は正常な機能を維持しているので、移植する事により健康な頭髪が成長する事になります。
発毛を促進する育毛剤による薄毛治療とは、目的が異なっているので併用する事が可能である点も魅力です。

発毛効果が高い育毛剤は、植毛により移植した頭髪に対しても有効です。毛根が正常な状態である事から通常よりも効果を発揮する可能性が高くなります。
健康な毛根は毛母細胞の分裂も活発であり、育毛剤を使用する事により健康的な新しい頭髪を作りだせるようになります。
これに対して弱っている毛根の場合は毛母細胞の分裂の頻度自体が少なくなっているので、発毛効果が高い育毛剤を使用しても思う様な発毛を期待する事は出来ません。
植毛を行う事により、頭髪を健康な状態に保つ可能性が広がっていきます。